EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

銭形平次捕物控

¥120,000 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
本郷菊坂の六軒長屋――袋路地のいちばん奥の左側に住んでいる、烏婆アのお六が、その日の朝、無惨な死骸になって発見されたのです。
 見付けたのは、人もあろうに、隣に住んでいる大工の金五郎の娘お美乃。親孝行で綺麗で、掃溜に鶴の降りたような清純な感じのするのが、幾日か滞った日済しの金――といっても、緡に差した鳥目を二本、袂で隠してそっと裏口から覗くと、開けっ放したままの見通しの次の間に、人相のよくない烏婆アが、手拭で縊り殺されて、凄まじくも引っくり返っていたのです。
「あッ、大変、――誰か、来て下さい」
 お美乃は思わず悲鳴をあげました。確り者といっても、とってたった十八の娘が、不意に鼻の先へ眼を剥いた白髪っ首を突き付けられたのですから、驚いたのも無理はありません。
「なんだえ、お美乃さんじゃないか」
 真っ先に応えてくれたのは、一間半ばかりの路地を距てて筋向うに住んでいる、鋳掛屋の岩吉でした。五十二三の世をも人をも諦めたような独り者で、これから鋳掛道具を引っ担いで出かけようというところへ、この悲鳴を聴かされたのです。
「鋳掛屋の小父さん、た、大変ですよ」
「どこだい、お美乃さん」
 お六婆アの家の表は、まだ厳重に締っているので、岩吉はお美乃の声がどこから聴えて来たか、ちょっと迷った様子です。
「お六小母さんが――」
「婆さんがどうしたというんだ」
 岩吉は枳殻垣と建物の間を狭く抜けて、お六婆アの家の裏口へ廻って仰天しました。

カテゴリ一覧

ページトップへ