EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

2020/11/19
来歴3
1986年、「中学校を出た人間が、高校しか出てない人間が、一生懸命やったらどのぐらいのことができるか、どれぐらいのことしかできないか、やってみたいです」と、参議院議員選挙に大阪選挙区から無所属で立候補し、当選した。義母の介護経験から福祉関連に力を入れ、「小さなことからコツコツと」をキャッチフレーズに3期18年間に渡る議員生活を展開してきた。参議院会派第二院クラブに所属し、福祉関係の充実を政策の中心とし政治姿勢は全体的に保守系与党寄りであった。

1994年6月の参議院本会議の首班指名投票では村山富市と海部俊樹に票が分散するなか、当時、衆議院議長であった土井たか子に唯一の票を投じ、1999年7月の参院本会議の国旗国歌法の採決では賛成票を投じた。議員生活を通して政党に所属することはなく会派としての第二院クラブ消滅後は無所属の会、国会改革連絡会に所属。2003年には国会等移転特別委員長に就任した。

2004年1月、同年7月の参議院選挙に立候補をせず、政界から身を引きタレントとしての活動に専念しつつ、引き続き福祉関係の活動を行っていくと発表した。

大平サブローとの「新やすし・きよし」での活動も行っている。

2006年8月29日に日本テレビ系で自身の半生を描いた「ヘレンときよしの物語」が『ドラマコンプレックス』にて放送された。きよし役は実息の忠志。

2015年末に受けた定期健診で初期の前立腺がんと診断され、手術を受けた[5]。

2020年、漫才分野から初の文化功労者に選出された[6][7]。
2020/11/19
来歴2
1966年に中山礼子が間に入って横山やすし(きよしと同じ高知県生まれの大阪府育ち)と漫才コンビを結成し、6月に京都花月で初舞台。次第に頭角を現す。第一次演芸ブーム(1965年 - 1970年)の折、東京ぼん太の後釜として起用されたフジテレビ「お茶の間寄席」司会や、朝日放送の全国ネット番組「てなもんや三度笠」のレギュラー出演等で東京にも進出。1970年の暴行事件をはじめとした相方のやすしの不祥事でコンビ活動自粛の際も、「素人名人会」(MBSテレビ)「爆笑寄席」、「ナイトパンチ」、「パンチDEデート」(以上、関西テレビ)、「仁鶴・きよしのただいま恋愛中」、「プロポーズ大作戦」(以上、朝日放送)、「料理天国」(TBSテレビ)、「スター誕生!」(日本テレビ)などテレビ司会者として活路を見いだす。さらに1980年代初頭の漫才ブームでは人気が頂点に達する。
2020/11/19
来歴1
高知県で5人姉弟(姉が3人、弟1人)の長男として生まれたが、小学生の時に父親が事業に手を出し失敗したことから大阪府に転居した。家計は苦しく、10歳のときから八百屋、牛乳配達、新聞配達(毎日新聞)などのアルバイトをするなどして家計を支えた。中学時代はサッカーに傾倒し、高校でもサッカー部に所属することを希望していたが、タクシー運転手だった父親が十二指腸肝炎で倒れたことから、高校進学を断念しやむなく就職する[3]。

自動車修理工に就職するも手のやけどが原因で17歳のときに退社したが、会社の先輩から「陽気で頓智がきくから」と芸の道を勧められる。ミヤコ蝶々、藤田まこと、白木みのる、佐々十郎に弟子入り志願するが断られ、石井均に入門。1年後に杉浦エノスケから、人手が足りないからと吉本新喜劇に誘われて研究生として入団し、秋山たか志の付き人をしていたが、白木みのるの付き人が辞めたために人手が足りなくなり白木の付き人となる。のちになんば花月で熊役で初舞台を踏み、以降端役ながら舞台に出演していた[4]。

しかし、マドンナ役であったヘレン杉本との交際が知れ渡り、1967年9月に結婚し、ヘレンは新喜劇を引退したことから、きよしは会社・劇団から冷遇されてしまう。当時吉本興業部長だった中邨秀雄は、人気女優だったヘレンと無名のきよしとの結婚に反対し、きよしに引退を迫ったが、「ヘレンを引退させて自分が芸を続ける。それを認めないなら夫婦そろって引退する」ときよしは主張したという。低迷時代、きよしと坂田利夫はヘレンに食べさせてもらっており、3人で暮らしていた。また、同時期に共に苦労したレツゴー三匹のじゅんとも親友として知られており、きよしは「坂田くんとじゅんちゃんは、いつも自分のことを心配してくれる大事な人」とコメントしている[4]。
2020/11/19
人物
血液型はO型。高知市立朝倉小学校から大阪市立市岡小学校を経て大阪市立三稜中学校卒業(14期生)。姉は六代桂文枝と同級生であった。

横山やすしと漫才コンビを結成し、国民的人気を博した。漫才コンビ「やすしきよし」(略称・やすきよ)は漫才ブームの火付け役になり、日本武道館での公演も果たした。

座右の銘は「小さなことからコツコツと」。

弟子に漫才師の西川のりお等がおり、弟子には芸名に「西川」の屋号(苗字)を与えている。

吉本興業では三代目笑福亭仁鶴、六代桂文枝(旧名:桂三枝)と共にトップに君臨する。かつて発売された「よしもとタレント名鑑」では当時の三枝と共にトップページに掲載された。

フジテレビ「ザ・ベストハウス123」の番組にてシーランド公国のロードの称号を得た(ただし、この称号は、数千円相当で購入可能なものである)。「伯爵位を持つ」と誤解されることがあるが、本番組できよしの得た称号「ロード(卿)」は男爵以上の爵位を持つ貴族全般への敬称であり爵位とは異なるものである[2]。

大阪市内に吉本とは別に個人事務所「オフィス西川」を設けている。
2020/11/19
Wiki
西川 きよし(にしかわ きよし、1946年(昭和21年)7月2日 - )は、日本のお笑い芸人、タレント、司会者。元参議院議員(3期)。本名は西川 潔(読み同じ)。

高知県高知市朝倉生まれ、大阪市港区・住吉区育ち。吉本興業所属。5人姉弟の長男(姉3人、弟1人)。

妻はタレントの西川ヘレン。子供に俳優の西川忠志(長男)、元俳優の西川弘志(次男)、タレントの西川かの子(長女)がいる。
2020/11/19
テスト
西川ヘレン
西川きよし
西川かの子
にし川(ふとんの)

カテゴリ一覧

ページトップへ